紹介予定派遣は、雇用の新しい形態です。

紹介予定派遣は、雇用の新しい形態です。

紹介予定派遣は、雇用の新しい形態です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

働き方の選択肢が増えています。雇用の形態には、正社員や契約社員の他に、パートやアルバイト等の時間契約社員があります。各々の都合によって雇用形態を選ぶわけですが、新しい雇用の形として、紹介予定派遣が注目されています。派遣は、よく知られていますが、紹介予定派遣は熟知されていません。正社員のメリットは、雇用の安定と待遇面の優遇です。パートやアルバイトは、時間の融通が効くという利点はありますが、安定と待遇面では正社員に劣ります。しかし、企業側も、正社員の雇用には慎重です。そこで、紹介予定派遣のシステムを使えば、職を求める人と雇用する側の両方にメリットがあります。

紹介予定派遣は、将来派遣された企業で、雇用されることを前提にしたシステムです。そもそもは、欧米などで開発されたものですが、日本でも取り入れる企業が増えています。紹介予定派遣は、有料職業紹介業の資格を有する派遣会社に登録する必要があります。派遣会社の全てが、この資格を持っているわけではありませんから、注意が必要です。派遣された企業で、最長6か月働くことができますから、その間に就業の有無が決定されます。派遣会社のアドバイスや支援もありますから、未経験の分野でも大丈夫です。派遣される際に、履歴書や職務経歴書を提出したり、面接を行う場合もあります。紹介予定派遣は、自分の適性と職務のミスマッチを防ぐ効果もありますから、利用価値は絶大です。
Copyright (C)2015紹介予定派遣は、雇用の新しい形態です。.All rights reserved.